過疎の村によるお見合いの演出について

今の時代は多くの若者が真剣に恋愛と言うものを考えていると言えます。

自分の親を見ていると、特に何もしなくても結婚と言う選択肢がいずれ自分にも現れるだろうとぼんやり考えていたはずですが、どうやらそうではないという事に皆気づき始めているのではないでしょうか。

そういった変化は社会としても歓迎するべきことだし若者の積極性に期待したいところですが、すべてを若者の自主性に任せておいたのでは現状の少子化が改善されるとは思えません。

そこで民間でやっているお見合いツアーのような企画を国や自治体が本気なって取り組むことが望まれます。

特に地方自治体、それも過疎に悩んでいるような町や村が積極的にお見合い企画をすることで、村の良さなどを若者にアピールする機会が得られるし、また成婚の暁には村への永住を考える人だって出てくるのではないでしょうか。

少なくともその村は本人たちにとって重要な土地になることは間違いないのだから、過疎の村こそまじめな出会いの演出に力を入れるべきでしょう。